カテゴリ:江・浅井三姉妹関連( 19 )

2011年 06月 13日
高次と初の新婚のお城 大溝城跡
 琵琶湖の西側、JR高島駅のそば、大溝城跡にて。ここは京極高次とお初さんが新婚生活を送ったお城。
 高島病院の裏手にあり、観光客もまばらでひっそりとしておりました。
c0196531_034526.jpg
c0196531_035488.jpg
c0196531_035179.jpg
c0196531_0352984.jpg
c0196531_0353936.jpg
以上すべて RICOH GR DIGITAL III


 すべて『SILKYPIX Developer Studio 3.0』、“ノスタルジックトイカメラ”。

よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-06-13 00:43 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 05月 31日
新緑の清瀧寺徳源院
 浅井三姉妹の二女お初さんの嫁ぎ先である京極家の菩提寺、清瀧寺徳源院
 桜の季節に訪れることができず、今は新緑。桜に未練を持ちながらも、この新緑には大満足。緑と静寂の中、心洗われるようです。
c0196531_2332393.jpg
c0196531_2334739.jpg
c0196531_234077.jpg


 本堂、三重の塔もさることながら、小堀遠州作とも伝えられるこの庭園の素晴らしさは一見の価値有り。秋の紅葉シーズンにも是非訪れたいものです。
c0196531_234137.jpg


 京極家墓所。一番手前が19代高次公のお墓です。ここには京極家代々のお墓が祀られています。
c0196531_2342231.jpg


 瓦も京極家の家紋入り。
c0196531_2343139.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm


 なお、お初さん(常高院)が眠る小浜常光寺はこちらをご覧下さい。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-05-31 23:16 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 05月 13日
小谷 脇坂甚内安治屋敷跡にて
 北近江は小谷山、大嶽登山の記事に引き続き、脇坂甚内安治屋敷跡のカットをいくつかご紹介します。
 脇坂甚内安治は、浅井長政に仕えた脇坂安明の養子となり、小谷城落城後は羽柴秀吉に従し、賤ヶ岳の合戦においては七本槍の一人として名を馳せました。
 大嶽への登り口のひとつでもある屋敷跡。静寂の中、歴史の重みを感じることのできる空間です。
c0196531_23512146.jpg
c0196531_23514384.jpg
c0196531_23515718.jpg
c0196531_23521072.jpg
c0196531_235220100.jpg
c0196531_23522870.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-05-13 00:01 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 05月 11日
小谷 大嶽(おおずく)城址
 随分と更新が開いてしまいました。(^_^;) 久々の投稿は、小谷山に浅井亮政により最初に築かれた大嶽(おおずく)城址への登山。かなり険しい道中・・・。もっとも普通に林道もしくは登山道を通れば良かったのですが、そこはチャレンジャー。道なき道を登り続け、途中遭難状態にありながらも何とか登頂成功。思わず日の丸を立てたい気分でございました。
 今でこそ建築技術や運搬方法は何でもありますが、約500年前にも及ぶ時代にどうやってこのような高いところに城郭を築けたのか。山城なので簡素とはいえ、堀や土塁、そして石垣等、さぞや大変な作業だったと偲ばれます。
 小谷山は、大河のロケのあった桜馬場、本丸等があった東尾根と、この大嶽城が築かれた西尾根とがあります。現在「江・浅井三姉妹博覧会」が行われ、博覧会の小谷城バスが走っているのは東尾根の番所跡まで。この西尾根は自力の山登りが必要です。でも登る道中の景色は壮観。眼下に見下ろす風景は圧巻で、眼下には左に虎御前山、真下に丁野山、そして右方向には賤ヶ岳連峰から山本山、奥には琵琶湖と竹生島・・・。素晴らしい光景が広がります。
c0196531_0422470.jpg
c0196531_0423533.jpg
c0196531_042452.jpg
c0196531_043847.jpg
c0196531_0432094.jpg
c0196531_0432812.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm




よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


 
[PR]

by harry_pict | 2011-05-11 00:46 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 04月 24日
増上寺 徳川家霊廟
 川越を後にして向かったのは東京芝、増上寺です。こちらのお寺は浄土宗七大本山のひとつで徳川将軍家の菩提寺として有名です。こちらにお江さんが秀忠公と一緒に眠っておられます。
 川越でお江さんのゆかりのお寺に出くわし、ここはやはり増上寺でお墓参りと相成ったわけです。偶然にも徳川家霊廟がご開帳されており、とてもラッキー!と喜んだのも束の間・・・。ご開帳は16:00まで。到着したのがなんと16:00だったのです。目の前で門が閉められ万事休す。うーん無念と数分間立ち止まっておりました。それを見た担当の若いお坊さん、「よろしかったらどうぞ」と私一人を入れていただいたのです。感謝の至りです。神聖なる徳川家霊廟に私ただ一人、静寂の時間を味わうことができました。天の思し召しか、はたまたお江さんのお声か・・・。はるばるやってきた甲斐があったというものです。若いお坊さんに感謝です。
 背景が東京タワー、大都会にありながら場内は静寂の空間。秀忠公に、そして一緒に眠っておられるお江さんに手を合わせ、しっかりと拝ませていただきました。
c0196531_23222528.jpg
D7000 + AF-S DX 35mm F1.8G
c0196531_23223416.jpg
c0196531_23224995.jpg
c0196531_2323787.jpg
c0196531_23241712.jpg
c0196531_23242740.jpg
c0196531_23244465.jpg
c0196531_23245547.jpg
以上 D7000 + AF-S VR 18-105mm

 やはりこちらもお江さんのノボリ。ゆかりの地はどこも一緒です。(^o^)
 徳川三昧の旅でございました。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-24 23:33 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 03月 24日
小谷 華舞台 Debut! ゆるキャラ、長浜歴ドラ隊、歴ドラキッズ
 ここらでちょっと『江・浅井三姉妹博覧会』のPRを。現在長浜市で開催されております、『江・浅井三姉妹博覧会』。市内三カ所で開催中ですが、やはり注目は三姉妹の生誕地である小谷会場です。本物に出会えるところ。
 小谷城址の番所跡までのぼる「小谷城バス」等、ここの見どころはたくさんありますが、なかでも売り物は小谷山を背景にした野外ステージ「華舞台(はなぶたい)」です。先週の三連休にここのこけら落としイベントが行われ、博覧会を盛り上げました。また、震災の復興支援イベントとして行われ、義援金募集等の活動も併せて行われました。
 まずは19日に行われた、「江・キャラたちの戦国」をご紹介。博覧会認定キャラ5体が勢揃い。左から江姫、初姫、茶々姫、おいちごちゃん、ながまちゃくんです。そして両サイドにMCの山本ひまりさん(ゆるキャラといえばこの方、長浜歴ドラ隊の脚本・演出担当でもあります!)、そしてゆるキャラ通の、長浜歴ドラ隊の藤丸です。
c0196531_23463277.jpg

 2枚目は、浅井三姉妹の叔父様、のぶさまと、らんまるくんが初共演!!
c0196531_23484872.jpg

 3枚目は義援金箱を持ってお願いに回っている三姉妹。ちびっこからもご支援いただきました!!
c0196531_23503919.jpg


 20日にはいよいよ長浜歴ドラ隊のレギュラーステージが開幕!可愛い歴ドラキッズが花を添えてくれました。
c0196531_2352536.jpg
c0196531_23521681.jpg

 満面笑顔で見事なアクション。最後のカットは、キッズに囲まれる歴ドラ隊の三姉妹です。左から初、江、茶々。
c0196531_23522655.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VRII 18-200mm


 この長浜歴ドラ隊のレギュラーステージは、これから毎週土日祝日に、11:00と14:00の2回行われます。楽しいステージですので、是非ご覧下さい。歴ドラキッズは、月に2~3日のペースで共演予定です。ご期待下さい!!


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-03-24 23:59 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 03月 19日
京都東山 養源院 
 父浅井長政を弔うため、豊臣秀吉の側室、浅井三姉妹長女の淀殿が建立したお寺。落雷により消失したあと、徳川二代将軍秀忠の正室、浅井三姉妹三女お江(のちの崇源院)により再興。
 浅井を弔うために豊臣家に建てられ、のちに徳川家の菩提寺になった、不思議ないきさつのお寺です。桃山城から移設されたという血天井や、俵屋宗達の絵なども有名です。
c0196531_20194284.jpg
c0196531_2019541.jpg
c0196531_2020374.jpg
c0196531_20201066.jpg
以上すべて D7000 + AF-S DX 35mm F1.8G



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-03-19 20:22 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 03月 17日
福井 三姉妹ゆかりの地を巡る~一乗谷朝倉氏遺跡~
※※※福島原電が心配です。安全神話が崩れましたが、ここまでの災害は想定をはるかにを超えるもので仕方ないかもしれません。でもハイテク技術ほど安全でなくなった時は悲劇です。今エンジニアや現場の方々は必死の解明と修繕にあたっておられると思います。ここまで培ってきた技術の粋、人間の英知の結晶。克服を信じます。それから大混乱の中の秩序正しい行動・・・日本人は素晴らしい。悲しみの中に誇りを感じました。※※※


 近江小谷の浅井氏と盟友関係にあった朝倉氏。朝倉氏の遺跡が残る一乗谷を訪れました。3月なのにまだ雪が多く残っておりました。当時はかなり栄えていたであろう様子が伺える、一乗谷に広がる遺跡。朝倉氏の栄華を感じました。
c0196531_1224987.jpg
c0196531_123126.jpg
c0196531_1231133.jpg


衣装体験あります。写真は姫の衣装です。その他大人と子供の甲冑もありますよ。
c0196531_1231986.jpg
c0196531_1233085.jpg
以上すべて D7000 + TAMRON 17-50mmF2.8 XR DiII VC 最後2枚はISO800



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-03-17 01:27 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 03月 14日
福井 三姉妹ゆかりの地を巡る ~北ノ庄城にて~
※※※未曽有の大災害から早くも3日目の夜です。報道がすすむにつれて災害規模の大きさを知らされ、愕然とするばかりです。何もできなくてもどかしさばかりですが、少しでも早く復興に向けて進んでいくことを願います。被災地の皆様、がんばってくださいと祈るばかりです。※※※


 長政亡き後、お市の方は柴田勝家と再婚、浅井三姉妹とともに北ノ庄城に移ります。その後また秀吉により攻め落とされ、勝家とお市は自害、その後またもや三姉妹は数奇な運命に翻弄されます。
 福井市の真ん中、JR福井駅のすぐそばに北ノ庄城跡があります。柴田神社が鎮座し、「北の庄城址・柴田公園」として整備されています。
c0196531_1122575.jpg
c0196531_1123742.jpg

 数奇な運命をたどった浅井三姉妹の像。左が茶々、真ん中が江、右が初、そして義父の勝家像の背中が映っています。当時茶々が16歳、初が14歳、江は12歳でした。
c0196531_1124883.jpg
c0196531_1125930.jpg
c0196531_113962.jpg
以上すべて D7000 + TAMRON 17-50mmF2.8 XR DiII VC


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-03-14 01:19 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 03月 11日
福井 三姉妹ゆかりの地を巡る ~小浜常高寺にて~ sanpo
※※※大変な災害が起こり、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m※※※
 この記事をUPした昨日の午後、東日本全域(特に太平洋側)において大変悲惨な地震と津波が発生しました。阪神淡路大震災を思い出し、被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。
こちらも予定されていたイベント等、土日ともに自粛されました。被害に遭われた地域の皆様、この苦境をどうぞ乗り切ってくださいませ。 2011/03/12 20:12




 浅井三姉妹の次女、お初さんは京極高次に嫁ぎます。晩年にお初さん(のちの常高院)が建立された、小浜の常高寺さんを訪れました。
c0196531_92927100.jpg

 ご住職に無理をお願いして、屋内にて少し撮影を許可いただきました。調度品にも京極家の家紋が。
c0196531_9303321.jpg
c0196531_9304624.jpg

 本堂を回って進んでいくと、国道27号線。横断歩道もないところを横断して少し坂を登ったところに常高院様のお墓があります。身分の下のものにも細やかに気遣いをされた常高院様。お墓の周囲にはいくつもの侍女たちのお墓があり、大勢の方々に囲まれてひっそりと眠っておられる様子でした。
 お墓への道が危ないと言うことで、現在国道を横断せずに行ける道を整備中だとか。「お初の道」と名づけれれるそうで、完成が待たれます。
c0196531_9362492.jpg

 山門前から小浜湾を望みます。JRの線路を挟んで反対側には石段。ここはNHKの連ドラ「ちりとてちん」のロケに使われた石段です。写真の黄色のコーンの下が石段です。
c0196531_9501716.jpg
以上すべて D7000 + TAMRON17-50mmF2.8 XR DiII VC


 石段と山門の間にJRの線路、本堂とお墓の間に国道が走っているという珍しいレイアウトのお寺でした。ご案内いただいたご住職、そしてS様。どうもありがとうございました。m(_ _)m


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-03-11 09:55 | 江・浅井三姉妹関連