タグ:D7000 ( 18 ) タグの人気記事

2011年 05月 31日
新緑の清瀧寺徳源院
 浅井三姉妹の二女お初さんの嫁ぎ先である京極家の菩提寺、清瀧寺徳源院
 桜の季節に訪れることができず、今は新緑。桜に未練を持ちながらも、この新緑には大満足。緑と静寂の中、心洗われるようです。
c0196531_2332393.jpg
c0196531_2334739.jpg
c0196531_234077.jpg


 本堂、三重の塔もさることながら、小堀遠州作とも伝えられるこの庭園の素晴らしさは一見の価値有り。秋の紅葉シーズンにも是非訪れたいものです。
c0196531_234137.jpg


 京極家墓所。一番手前が19代高次公のお墓です。ここには京極家代々のお墓が祀られています。
c0196531_2342231.jpg


 瓦も京極家の家紋入り。
c0196531_2343139.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm


 なお、お初さん(常高院)が眠る小浜常光寺はこちらをご覧下さい。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-05-31 23:16 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 05月 13日
小谷 脇坂甚内安治屋敷跡にて
 北近江は小谷山、大嶽登山の記事に引き続き、脇坂甚内安治屋敷跡のカットをいくつかご紹介します。
 脇坂甚内安治は、浅井長政に仕えた脇坂安明の養子となり、小谷城落城後は羽柴秀吉に従し、賤ヶ岳の合戦においては七本槍の一人として名を馳せました。
 大嶽への登り口のひとつでもある屋敷跡。静寂の中、歴史の重みを感じることのできる空間です。
c0196531_23512146.jpg
c0196531_23514384.jpg
c0196531_23515718.jpg
c0196531_23521072.jpg
c0196531_235220100.jpg
c0196531_23522870.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-05-13 00:01 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 05月 11日
小谷 大嶽(おおずく)城址
 随分と更新が開いてしまいました。(^_^;) 久々の投稿は、小谷山に浅井亮政により最初に築かれた大嶽(おおずく)城址への登山。かなり険しい道中・・・。もっとも普通に林道もしくは登山道を通れば良かったのですが、そこはチャレンジャー。道なき道を登り続け、途中遭難状態にありながらも何とか登頂成功。思わず日の丸を立てたい気分でございました。
 今でこそ建築技術や運搬方法は何でもありますが、約500年前にも及ぶ時代にどうやってこのような高いところに城郭を築けたのか。山城なので簡素とはいえ、堀や土塁、そして石垣等、さぞや大変な作業だったと偲ばれます。
 小谷山は、大河のロケのあった桜馬場、本丸等があった東尾根と、この大嶽城が築かれた西尾根とがあります。現在「江・浅井三姉妹博覧会」が行われ、博覧会の小谷城バスが走っているのは東尾根の番所跡まで。この西尾根は自力の山登りが必要です。でも登る道中の景色は壮観。眼下に見下ろす風景は圧巻で、眼下には左に虎御前山、真下に丁野山、そして右方向には賤ヶ岳連峰から山本山、奥には琵琶湖と竹生島・・・。素晴らしい光景が広がります。
c0196531_0422470.jpg
c0196531_0423533.jpg
c0196531_042452.jpg
c0196531_043847.jpg
c0196531_0432094.jpg
c0196531_0432812.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm




よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


 
[PR]

by harry_pict | 2011-05-11 00:46 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 04月 24日
増上寺 徳川家霊廟
 川越を後にして向かったのは東京芝、増上寺です。こちらのお寺は浄土宗七大本山のひとつで徳川将軍家の菩提寺として有名です。こちらにお江さんが秀忠公と一緒に眠っておられます。
 川越でお江さんのゆかりのお寺に出くわし、ここはやはり増上寺でお墓参りと相成ったわけです。偶然にも徳川家霊廟がご開帳されており、とてもラッキー!と喜んだのも束の間・・・。ご開帳は16:00まで。到着したのがなんと16:00だったのです。目の前で門が閉められ万事休す。うーん無念と数分間立ち止まっておりました。それを見た担当の若いお坊さん、「よろしかったらどうぞ」と私一人を入れていただいたのです。感謝の至りです。神聖なる徳川家霊廟に私ただ一人、静寂の時間を味わうことができました。天の思し召しか、はたまたお江さんのお声か・・・。はるばるやってきた甲斐があったというものです。若いお坊さんに感謝です。
 背景が東京タワー、大都会にありながら場内は静寂の空間。秀忠公に、そして一緒に眠っておられるお江さんに手を合わせ、しっかりと拝ませていただきました。
c0196531_23222528.jpg
D7000 + AF-S DX 35mm F1.8G
c0196531_23223416.jpg
c0196531_23224995.jpg
c0196531_2323787.jpg
c0196531_23241712.jpg
c0196531_23242740.jpg
c0196531_23244465.jpg
c0196531_23245547.jpg
以上 D7000 + AF-S VR 18-105mm

 やはりこちらもお江さんのノボリ。ゆかりの地はどこも一緒です。(^o^)
 徳川三昧の旅でございました。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-24 23:33 | 江・浅井三姉妹関連
2011年 04月 21日
小江戸川越散策 その3
 小江戸川越散策シリーズ最終回。今更ながら自身の勉強不足、知識不足を反省。
 ここ川越に、お江さん所縁が存在するとは知りませんでした。この日、単に蔵造りの町並み見たさに訪れました。歴史と文化の香りがする町並みを歩きまわりました。
 ガイドマップをふと見ると、「徳川家光誕生の間」・・・。ということはお母様はお江殿ではないですか!そこは川越大師喜多院というお寺です。ここ川越は徳川家とは深い結びつきがあり、このお寺も徳川家所縁の名所です。「春日局化粧の間」とともに移築され、国の重要文化財に指定されています。
c0196531_8595231.jpg
c0196531_90892.jpg
c0196531_902635.jpg
c0196531_90363.jpg
 お寺や書院の建造物はもちろん、庭園も立派で素晴らしいものでした。説明書きを見ると、やはり遠州流。
c0196531_904433.jpg
すべて D7000 + AF-S VR 18-105mm


 書院の中は撮影禁止でしたが、その佇まいは圧巻であり、しばし感慨に耽っておりました。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-21 09:09 |
2011年 04月 19日
小江戸川越散策 その2
 川越の町並み、歴史と文化を感じます。蔵造りの町並みは、時代をタイムスリップしたかのような感覚にさせてくれます。さすがにNHKの連ドラの舞台にもなり、年間600万人の観光客が訪れるだけのことはあります。
 メインストリートはもちろんのこと、菓子屋横丁等、被写体には事欠きません。
c0196531_19224362.jpg
c0196531_1923914.jpg
c0196531_19231939.jpg
c0196531_19232873.jpg
c0196531_19233725.jpg
c0196531_19234529.jpg
以上すべて D7000 + AF-S DX 35mm F1.8G

 さすがにおなじみのコインパーキングの看板もお洒落です。(^o^)
 最近では久し振りにひたすら歩き回りました。歩くことを楽しくさせてくれる、そんな川越の町並みでした。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-19 19:33 |
2011年 04月 18日
小江戸川越散策 その1 sanpo
 埼玉県は川越市。小江戸川越は城下町。こちらは蔵のある町で有名。以前から行きたかったのですが、このたびめでたく川越をカメラ片手に散策することができました。何回かに分けてUPします。
 まずは蔵のある街中からのスナップです。
c0196531_2329549.jpg
c0196531_23301066.jpg
c0196531_23302094.jpg
c0196531_23303933.jpg
c0196531_23304998.jpg
以上 D7000 + AF-S VR 18-105mm
c0196531_2331655.jpg
以上 D7000 + AF-S DX 35mm F1.8G

 何の下調べもなしに訪れましたが、いい町並ですねえ。周囲には無粋な高層マンションが建ち、景観的にはピンチでしょうか。歴史的に深い川越。この雰囲気、ずーっと守っていってほしいものです。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ

 
[PR]

by harry_pict | 2011-04-18 23:43 |
2011年 04月 15日
北近江小谷 桜便り その2
 北近江長浜、小谷山・小谷城址の桜便り第2弾。本日4月15日現在の状況です。麓の登山口は満開状態。とてもきれいです。今日は早朝に山王丸まで登ってきました。
 まずは登山口から。
c0196531_23143769.jpg
c0196531_23145216.jpg


 小谷寺の桜も満開のようです。
c0196531_23152742.jpg


 小谷城バスの終点、番所跡では8分咲きといったところでしょうか。かなりきれいに咲いていました。
 桜馬場、そして大広間から本丸にかけては、まだ開花前です。1週間か10日後ぐらいにはきれいに咲いていることでしょう。桜の満開を見逃した方にも、まだまだチャンスはありますよ。
c0196531_23383210.jpg
c0196531_23385728.jpg
以上すべて D7000 + TAMRON 17-50mmF2.8 XR DiII VC



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ



 
[PR]

by harry_pict | 2011-04-15 23:23 |
2011年 04月 11日
北近江小谷 桜便り その1
 北近江は長浜、小谷山の桜便りです。
 登山口(林道入口)、10日(日)現在、5分咲きといった感じでしょうか?土曜日朝の段階では、ほとんど蕾で咲き始めといった状態でしたが、日曜日の午後には5分咲き。早いもんですねえ。
 小谷寺の桜も同じくらいでした。あと数日で見頃を迎えそうです。小谷城址の桜馬場や本丸の桜は、それから約10日から2週間遅れて満開を迎えることでしょう。
 今年は麓で「江・浅井三姉妹博覧会」が開催されており、小谷山に登られる方が大変増えています。これからようやく桜の見頃を迎えようとしています。

c0196531_0533220.jpg
c0196531_0534261.jpg
c0196531_0535178.jpg
以上 D7000 + TAMRON 17-50mmF2.8 XR DiII VC


c0196531_05554.jpg
c0196531_0551376.jpg
c0196531_0552280.jpg
以上 D7000 + TAMRON 70-300mmF4-5.6 Di VC USD



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-11 00:58 |
2011年 04月 08日
京都 哲学の道にて 続編
 引き続き哲学の道にて。新レンズお試しの続きです。
 「TAMRON 70-300mmF4-5.6 Di VC USD」ですが、前回でも触れましたが、強力な手ブレ補正と、気持ち良いUSDの動作は特筆もの。そして何より開放からシャープな描写。廉価望遠ズームですが、抜群のコストパフォーマンスで、大変気に入りました。

c0196531_227520.jpg
c0196531_227133.jpg
c0196531_2272293.jpg
c0196531_2273072.jpg
c0196531_2274286.jpg
以上すべて D7000 + TAMRON 70-300mmF4-5.6 Di VC USD


 撮影条件良く、スナップ撮影ばかりでしたが、今度動きものでUSDの性能を試してみたいと思います。


よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-04-08 22:11 | スナップ