2011年 05月 13日
小谷 脇坂甚内安治屋敷跡にて
 北近江は小谷山、大嶽登山の記事に引き続き、脇坂甚内安治屋敷跡のカットをいくつかご紹介します。
 脇坂甚内安治は、浅井長政に仕えた脇坂安明の養子となり、小谷城落城後は羽柴秀吉に従し、賤ヶ岳の合戦においては七本槍の一人として名を馳せました。
 大嶽への登り口のひとつでもある屋敷跡。静寂の中、歴史の重みを感じることのできる空間です。
c0196531_23512146.jpg
c0196531_23514384.jpg
c0196531_23515718.jpg
c0196531_23521072.jpg
c0196531_235220100.jpg
c0196531_23522870.jpg
以上すべて D7000 + AF-S VR 16-85mm



よろしければ、ぽちっとお願いします(^_^)→ にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ


[PR]

by harry_pict | 2011-05-13 00:01 | 江・浅井三姉妹関連


<< 新緑の清瀧寺徳源院      小谷 大嶽(おおずく)城址 >>